トップページ土地探しのポイント

初めてでも失敗しない土地探しのポイント

初めてでも失敗しない!土地探しのポイント

良い土地を手に入れるには?

マイホームを建てる時、初めから土地をお持ちの方、決めている方はほとんどいらっしゃいません。
また、土地を探し始めたものの、「なかなか良い物件と出会わない」「土地候補はあるが決定打がなく、なかなか即決できない」と悩まれる方は大変多くいらっしゃいます。
そんなときは私たちにお任せください。私たちは土地探しから家づくりまでトータルでサポートしておりますので、現在のお住まいの環境や、希望する項目をヒアリングした上で候補をご紹介いたします。
そして土地のご紹介の際も、間取りのイメージを持ちながら土地をご案内し、お家のイメージをリアルに想像していただけるよう、心がけています。
土地探しにお悩みの方、これから初めての土地探しをされる方もどうぞお気軽に「とち・たてもの情報館」へご相談ください。

土地探しの5つのポイント

1. 「住みやすさ」は人それぞれ。世間の「好立地」にとらわれすぎない。

よく「交通のアクセスの良さ」「市街地に近い」「広い道路に面している」「商業施設が近い」「校区が良い」などの条件は「好立地」な条件として挙げられますが、全員がこの条件がベストだと感じるとは限りません。

もし、普段の移動は車が多いようであれば、交通アクセスの良さはさほど必要ではないかも知れませんし、のどかな場所で子育てをしたり、静かなところでゆったりとした時間を過ごしたければ、市街地よりも郊外の土地を選んだ方が良いかもしれません。

また、「好立地」物件は確かに望まれる方が多い為、競争率が高く、出会ったとしても「即決」しなければ手に入れることが難しい場合があります。
また、価格もそれなりにかかりますので、全体の費用の中で予算に見合っているかも十分に考慮する必要があります。
一般的な「好立地」で土地を探すのではなく、ご自身や家族のライフスタイルに合わせた「私たちが住みやすい条件」を見つけましょう。

2.「条件」に優先順位をつける

「住みやすい条件」を挙げると、とても多くの希望が出てくることが多く、それらがすべて揃った物件を見つけることは非常に難しいかもしれません。

「土地を探しているがなかなか良い物件と出会わない」「土地候補はあるが決定打がなく即決できない」と悩まれている方の多くが、希望条件は決まっているものの、土地選びの優先順位が決まっておらず、結果、なかなか土地が見つからない状況になっている場合が少なくありません。

「住みやすい条件」が挙がったら、その条件に優先順位をつけましょう。
優先順位をつけることはなかなか容易な作業ではありませんが順位をつけることで本当に必要な土地の条件が見えてくるはずです。
また、土地探しの目安をつけやすく、ぐっと「探しやすく」・「決めやすく」なります。

我が家の希望条件!
  • 広さは○平米以上
  • ○○学校区
  • 通勤時間1時間以内
  • 日当たりが良い
  • 土地の予算は1500 万以内
  • 治安が良い
  • 閑静な住宅街
  • 景色が良い
  • 近くにスーパーあり
  • 交通アクセスが良い

優先順位が付けられない!

その条件、本当に必要??

一見、メリットばかりのような条件も見方を変えれば、デメリットも考えられます。
その点を踏まえ、本当に必要な条件か考えてみると良いかもしれません。

広さは○平米以上
固定資産税などのランニングコストは負担になりませんか?
また長期的な庭のメンテナンスや部屋の使用頻度なども考慮されていますか?
○○学校区
お子様が卒業された後もその地域で生活をされる方が多いと思います。
将来的にも魅力的な地域でしょうか。
景色が良い
小高い住宅地などは、連続した坂道や階段がある場合があります。 将来負担にはなりませんか?
交通アクセスが良い
広い車道や沿線沿いはある程度の騒音は考慮しなければいけません。
また、主要道路や踏切が近くにある場合、渋滞や安全性は問題ないでしょうか。

3.「候補地」には何度も足を運んだ方が良い

候補地が見つかったら、出来る限り何度も足を運んだ方が良いです。出来れば、曜日、天気、時間帯を変えて訪れましょう。

一度訪問しただけでは、シチュエーションの違いによる周囲の変化が分からず、暮らし始めてから思わぬ落とし穴が出てくる可能性もあります。
また、訪れた際、勇気をもって周辺住民の方へ声をかけてみると役立つ情報を頂けることもあります。お散歩も兼ねて周囲を歩いてみても良いかもしれませんね。
車や徒歩だけではなく、交通機関を使用する可能性があれば、電車やバスなどを使用してみることも大切です。

候補地が現在お住まいの地域と全く異なる場合は、役所などへも足を運んでみると良いでしょう。
保育園や児童館の待機は無いか、助成制度や地域での取り組みはどんなものがあるか、ごみの出し方や防災、防犯対策など一通り聞いておくと、暮らし方が想像しやすくなります。

4.法的要件・インフラのチェック

候補地がほぼ決定に近づくと、家のプランもある程度進んでいるかも知れません。
候補地にそのプランがきちんと建てられるのか、追加工事が発生する可能性は無いかなど、確認しておきましょう。

◆ どんな建物が建てられるか

建物を建てる際、高さや面積など様々な制限を受けることがあります。
例えば、3 階建ての家や地下室を作りたいと思っていても、法的制限の為難しい可能性もあるので、事前に必ず確認し、難しい場合、候補地を探しなおすか、家プランを変更しなければいけません。

◆ 境界線

古い住宅地の場合、隣接道路や隣地の境界線がはっきりとしていないケースがあります。
特に前面道路が狭い場合、土地を少しセットバックして建てたり、共有部分の道路を作らなければいけない場合もあります。
後から無用なトラブルを避けるために境界線などはきちんと確認しましょう。

◆ インフラの整備

水道、ガス、電気が通っているかどうかをチェックしましょう。
当たり前のように考えがちですが必ずしもこれらが整備されているとは限りません。
後から引き込むことも可能ですが、時間と費用が発生します。

◆ 地盤の確認

軟弱地盤でせっかく建てた家が傾いてしまったり、大雨で河川が氾濫して冠水したら大変です。
予めチェックすることも大切です。水が溜まり安い地形、池や湖沼、田んぼを埋め立てた土地などは、公図で調べると安心です。
軟弱な地盤だと後々補強費用がかかってしまうこともあります。

5.予算計画は諸費用も含めて

土地や住宅を購入する際には諸費用が発生しますので、その点もきちんと考慮した上で検討する必要があります。

土地の場合は、土地代金以外にも「不動産取得税」、「司法書士費用」、「登録免許税」、「印紙代」、「仲介手数料」などがかかります。

目安は土地代金の5%前後と考えておくと良いでしょう。
仮に1,500 万円の土地であれば、約75 万円の諸費用が必要です。
その他、実印が無ければ、実印にかかる費用や細かいものは幾つかあります。
予め担当者に予算額をきちんと伝え、諸費用も含めた合計金額の中で候補地を探していきましょう。

ご来店予約はこちら

土地探し・家づくりのご相談、資料請求はこちら


1,453

非公開物件を見るなら今すぐ!「無料会員登録」


ページの先頭へ

Copyright(C) とち・たてもの情報館 All Rights Reserved.